お金の勉強は必須スキル!サラリーマンのあなたがマネーリテラシーを高める5つの方法

なぜか日本ではお金のことを誰も教えてくれません

生きていく上で最上級必須のスキルと言っても過言ではない「お金に関する知識と技術」。

しかしお金の事を口にするのなんてハシタナイ・・・という意識がそうさせるのか、日本では大きな声で教えてくれる人もおらず、学校でも学ぶチャンスはなく、気づけば自分が社会に組み込まれ、資本家に使われる側に。

しかし当の本人は知識がないので「資本家に使われている」事実さえ気づかないありさまです。

そんな負のループから脱するために、お金の知識を増やしていきましょう。

本やWEBで勉強する

昔人気になった「金持ち父さん貧乏父さん」は必ず押さえておきましょう。色々な種類があるのですが、ベーシックな下記の一冊だけで良いと思います。また、買って手元に置いておく必要もありません。図書館で予約推奨です。

また下記あたりもオススメです。いずれにせよ、図書館で問題ありません。

確定申告を自分でやってみる

通常はサラリーマンに必要ない確定申告。これを自分で行ってみませんか?

会社に怪しまれるから理由が必要?理由はなんでも大丈夫です。例えばふるさと納税。

今ではワンストップ特例制度という仕組みがあり、これを使えば確定申告不要です。不要ですが、自分でしても良いんです。また、5つの自治体以上に寄付をする場合はワンストップ特例制度は使えません。その際は確定申告します。
また、高額医療費控除やセルフメディケーション税制を利用しても良いでしょう。

確定申告をすると、毎年ゴミ箱に捨てていた「源泉徴収票」の意味が分かるようになります。収入はいくらで、所得はいくらで、社会保険料や所得税はいくらなのか・・・。サラリーマンが普段気にしないお金について、より深く考えられるようになります。

税務署に行ったら親切に教えてくれるので無料で勉強できますし、WEBで簡単に確定申告用紙を作成できますので、一度トライしてみては?

FPの資格を取ってみる

確定申告は1年に1度のこと。それ以外の時期が暇ですね。

そこでFPの資格取得はいかがですか?例えばFP3級の試験範囲は以下の通り。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

どれもあなたが生きていく上で、大事なことばかり。知らなければ自分が不利になったり、搾取されるだけです。

資格系の本は手元にあった方が良いので、下記あたりを購入しましょう。

もしくは資格スクエアで勉強する、という手もあります。

投資をしてみる

手元に余剰資金があるならば、身銭を切って投資をするのも有効な方法。手元のお金を減らしたくないでしょうから、必死に勉強すること間違いなしです。

「WealthNavi」で資産運用をするのも手ですし、インヴァスト証券に口座を開設して、FXや海外ETFを購入しても良いでしょう。(インヴァスト証券のトライオートに関する記事がこちらにあります)

また、楽天証券に口座開設をして国内外個別株投資も良いかもしれません。

投資ですから、もちろん損することもあります。初めは勉強代として納得できる範囲で取り組んでみましょう。

額が大きくなりますが、不動産投資も大変勉強になります。こちらは絶対に失敗できませんが。

副業として事業を興してみる

もしあなたの会社が副業可能であれば、副業として事業を初めてみるのも手です。

輸入や輸出、コンサルティング、あるいは手作り品の販売やライター、カメラマン業など。

事業を始めるにあたり、開業届をだし青色申告までできたら完璧。以前は大変だった青色申告の会計処理も、今はMFクラウドなどクラウド会計システムの登場により、簡単にできるようになりました。

事業収入なのか、雑収入なのか。何が経費で、何が経費ではないのか。メインのサラリーと損益通算できるのか。仕訳はどうするのか、期首残高ってなんだ、確定申告のやり方が分からない・・・

ええ、きっと大きな壁に何回もぶち当たります。でもそれは勉強をする良いチャンス。

自分で調べたり、税理士・会計士さんに相談をしているうちに、事業のお金の流れや考え方が分かるようになりますよ。

ちなみに副業として開業届を出した場合、会社にばれやすくなったり、失業保険がもらえない可能性などもありますので、十分に検討してから始めてください。

 

あなたにオススメの記事