防音室が欲しい

私は大音量で映画を見たり、楽器を演奏したりすることが大好きである。
もし家を建てるなら防音室を作りたい。一体どんな手があるだろう・・?

地下室を作って防音パネルを入れる

地下室を作って防音壁にすれば完璧くさい。これならグランドピアノでもドラムでもいけそう。
特にドラムの低音は音が漏れるのでこのくらいした方が良いでしょう。
しかし地下室を作るのは相当コストがかかる模様。
調べたところ倍くらいの費用になると言うから、1,500万の家ならば、地下だけで+1,500万(倍の3,000万という情報も)。
うーん、結構な金額。さらに防音工事もしなければいけない。
ヤマハの自由設計防音室だと8畳で300万ほど。
うーん、お金が足りない。

地下は我慢して、地上の一部屋を防音室にする

この場合は上記のヤマハの防音室工事をすればいいので300万くらい?
お手ごろ価格に見えてきたけど300万って結構な金額だよな・・・

自由設計は我慢する

ヤマハでは、大きさは小さくなるが定型サイズの防音室も出しています。
これだと1.2畳で70万くらい。1.5畳で150万くらい。
部屋の中に電話ボックスを入れるようなもの。
このサイズならギター、トランペットくらいは可能ですがピアノやドラムは無理ぽ。
ヤマハの防音室見積もりシミュレーションはこちら

ヤマハも諦める

Light Roomというテントみたいな吸音ルームが発売されています。
こちらは0.8畳で10万円。お手頃になりました。
もちろん防音性能はYAMAHAのものより劣ります。

とは言え、地下防音室を諦めきれない・・・。8畳くらいあればお酒を飲みながらセッションできそうだし。他にも良い方法があれば是非教えてください。

【おすすめPR特集】
実際に私が試したサービスだけ紹介しています。
住まいの相談・売却もここなら安心
いきなり訳分からない会社に相談するの怖いですよね・・・このLIFULL HOME'S 住まいの窓口はあのHOME'Sを運営している大手の会社なので安心です。不動産投資の相談はできませんが、実需向けに所有不動産の売却は相談でき流と思いますよ!
クラウド会計はMFクラウド一択
私、何を質問されても答えられるくらいの自信があります。それほどMFクラウドを使い倒しています。これなしで不動産所得の確定申告をするイメージがわきません。初めは無料で全然OK。規模が大きくなってきても月800円のプランで良いと思います。
都心にアパートを持ちたい方必見
都心優良立地でのアパート経営は誰もが憧れる、いわば不動産投資の最高峰の舞台です。そんな立地を中心にアパートを紹介しているPRESIという会社さんがあります。ぜひこちらの記事を読んでみてください。
税理士の紹介を受けたいかた必見
不動産を買ったなら、ぜひ自分で確定申告してみましょう。でも難しかったり時間がない人は、サクッとアウトソーシングいたしましょう。定額制で親切な税理士さんを見つけたいなら 確定申告税理士.netへ!

あなたにオススメの記事

One thought on “防音室が欲しい

コメントは停止中です。