土地の売主はだれだ?!

駅徒歩1分。25坪ながら第一種中高層のエリアで、大変感触の良い土地がありました。
さて問い合わせでもしてみようかと、不動産サイトを見ると色々な不動産業者が広告を出している。
うーむ。どうせなら売主の不動産屋から買いたい。仲介手数料を浮かしたい。
という事で片っ端から取引形態を調べたけど、全部仲介。
ここで私の好奇心が騒ぎ出しました。
売主は一体誰なんだろう。個人なのか業者なのか。
どうやったら調べられるのだろう。現地に旗は無かったし。
そこで考えたのが登記簿の取得。でもそんなのやった事ありません。
どこで貰えるのかも良く分かりません。そんな時はGoogle先生に聞くのが一番です。

そして出てきたサイトがこちら!
http://www1.touki.or.jp/


キャプチャ
wwwでは無くwww1と言うのが個人的には気持ち悪い。

じゃーん!ネットで登記簿取れます。 正確に言うと

  • 不動産登記情報(全部事項)
  • 不動産登記情報(所有者事項)
  • 所有者の氏名・住所のみ
  • 地図情報
  • 図面情報
  • 土地所在図/地積測量図,地役権図面及び建物図面/各階商業・法人登記情報
  • 現存会社等の場合は履歴事項の全部,閉鎖会社等の場合は閉鎖事項の全部
  • 動産譲渡登記事項概要ファイル情報及び債権譲渡登記事項概要ファイル情報

が取得出来るのだそうです。21世紀すげー。
一時利用をすれば即利用可能です。
360円くらい取られるんだったかな?(ふんわり)
30分くらい経つとタイムオーバーになってもう一度登録する必要があるので要注意。

ちなみに登記簿を取得する際は地番と言うものが必要です。
つまり現住所が分かっても駄目なんですね。
そしてそれを知るには法務局に行ってブルーマップと言うものを見る必要があるそうです。
えっ、結局法務局行くのかよ・・・
Google先生・・・
そして見つけたのが下記。じゃーん!
http://kachiban.net/

キャプチャ2
岐阜の「株式会社 山内事務所」さんが公開しているようです。何の為にやっているのか判りませんがほんとありがとうございます。

現在、東京・大阪・岐阜・名古屋の一部しか対応していないようですが、幸い私が探している地域は対象でしたのでこれで調べる事が出来ました。山内さんスゲー。
地番を入れてPDFをダウンロードして、その土地を取得した不動産屋を特定する事が出来ました。
抵当権設定の箇所からどこから幾らの借金をして、土地を取得したのかも分かりました。
そして、好奇心が満たされた頃には、この土地は売切れていたのでした。

【おすすめPR特集】
実際に私が試したサービスだけ紹介しています。
住まいの相談・売却もここなら安心
いきなり訳分からない会社に相談するの怖いですよね・・・このLIFULL HOME'S 住まいの窓口はあのHOME'Sを運営している大手の会社なので安心です。不動産投資の相談はできませんが、実需向けに所有不動産の売却は相談でき流と思いますよ!
クラウド会計はMFクラウド一択
私、何を質問されても答えられるくらいの自信があります。それほどMFクラウドを使い倒しています。これなしで不動産所得の確定申告をするイメージがわきません。初めは無料で全然OK。規模が大きくなってきても月800円のプランで良いと思います。
都心にアパートを持ちたい方必見
都心優良立地でのアパート経営は誰もが憧れる、いわば不動産投資の最高峰の舞台です。そんな立地を中心にアパートを紹介しているPRESIという会社さんがあります。ぜひこちらの記事を読んでみてください。
税理士の紹介を受けたいかた必見
不動産を買ったなら、ぜひ自分で確定申告してみましょう。でも難しかったり時間がない人は、サクッとアウトソーシングいたしましょう。定額制で親切な税理士さんを見つけたいなら 確定申告税理士.netへ!

あなたにオススメの記事