「宅建」不動産業界関係者以外が取得する意味はある?

昨日こんな記事がアップされていました。

2015年4月1日より、「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」に名称変更される。門外漢は「『宅建』など、不動産会社の社員が取るもの」とついつい思いがちだが、専門家によれば、宅建はさまざまなシチュエーションで活用が可能な資格だという。宅地建物取引士資格試験講師の佐伯竜氏が解説する

不動産は額も大きいしトラブルに巻き込まれたくないのは当然のこと。

家を買う前に建築基準法などをしっかり勉強しておくことはマイナスである訳がありません。

さらに記事で触れられていますが、宅建は「管理業務主任者試験」「マンション管理士試験」と親和性が高く、ファイナンシャルプランナー試験の範囲も出るよう。

宅建を取って、もしくは取る前に他の資格も取得すれば、その後の人生や職業選択にも幅が出る事でしょう。
記事はこちら

ちなみに宅建は3か月~6か月間みっちり勉強すると取れるようです。
今後宅建ではどんな問題が出るのか、真剣にリサーチしてみたいと思います。

 

あなたにオススメの記事